クエストルーム株式会社

東京・大阪・名古屋 雑誌やムック、会報誌、広告などの企画・制作

MAGAZINE
CATEGORIE(2017年2月)
  1. 座れる本屋さんはいらない、と思う

    dj2

    人生再編集したい。


    ワタクシ、趣味(もしくは特技)でDJをやっておりまして、たまにイベントなどでお声がかかれば、場を盛り上げるべくお手伝いをさせて頂いております。

    直近ではこの正月、心斎橋Music Club JANUSにて行われた、ある方の誕生パーティーでDJとして参加致しました。錚々たるダンサーをはじめ、一般の方々にも喜んでもらうような選曲を心がけて、気持ちよく回させていただきました。

    ところでDJと雑誌編集に関しては、共通点がかなりあるということをご存知でしょうか。

    このDJと雑誌編集の共通点、色々挙げるとキリがないので、小出しで紹介していきます。

    DJでは何と言っても、場の雰囲気に即した選曲および、曲の流れがスムーズであるかが一番のポイントだと思います。

    今回は、スムーズな曲の流れに関して。


    ワタクシが選曲する際に心がけているのが、前曲にある程度伏線を張った仕掛けをしておき、次回の曲に繋げるようにすることです。

    例えば、バックビートが同じサンプリングの曲を使用しているとか、テンポがある程度似通っているとか、、、

    雑誌編集も、このページの後にはコレがくると気持ちいい流れですな~っていうのがありまして、逆に唐突で無意味な記事や企画が入ると???となってしまうのです。

    DJではLIVEなので、結構この唐突に間違えた選曲をよくやる方が多いのですが、雑誌編集はLIVEではないので、あらゆる方々から台割(版面数の割り振り・設計図)の時点で待ったがかかります。

    フロアを気持ちよく盛り上げるため、読者が気持ちよく雑誌の内容に没頭してもらうため、ともに進行の流れはしっかりと考えないといけないのです。

    dj